外部API連携でPATCHを利用するJavascriptの記述方法

kintone.proxyでPATCHが使えず、Kintoneのデータ更新時に自動で、外部API連携しているデータ更新をしたくても出来ないでいます。

どのような記述方法があるのか、教えていただけないでしょうか。

kintone.proxyではmethodとして「GET, POST, PUT, DELETE」しか使えないため、今回の場合はPUTにてリクエスト送信するしかないと思います。

後は、連携先のAPI仕様によりますが、恐らくPUTでもリクエスト可能なのではないかと推察します。

その際、リソースが完全上書きとならないように注意する必要があるかと思います。

kh様

ありがとうございます。
PUTだと、新規登録か、全データ上書しか出来なかったので、何か方法はないかと探していました。
全データ上書で方法を模索します。
話がズレますが、もしお手間でなければで構いませんので、
上書き用データを作成してからの、kintone.proxyになるため、
同期処理にするための、分かりやすい参考資料などがあれば教えてください。
promiseについて独学でどうにかこうにかやっており、分からない部分が多いです。

Promiseについての基本的知識ということでしょうか。

ここら辺は確かにJavaScriptの中でもつまずきポイントの一つかと思いますが、kintoneはもちろんAPIを扱う上では必須知識となりますので、1から学ばれた方が良いかと思います。

なお、ES2017からはasync/awaitというPromiseの糖衣構文(シンタックスシュガー)も登場し、かなり直感的に書きやすくなってきています。

 

何が分かりやすいかは人によりけりかと思いますので、「JavaScript Promise 基礎」等で検索し、NS様の方で分かりやすいと思うサイトで学習されるのが一番かと存じます!