休日日数を除いた稼働日の計算をしたい

初めて投稿させて頂きます。

アプリAを開いた時、表示されている一覧のレコードについて一括で

【アプリAの「日付1」と「日付2」をアプリBの絞り込み情報へ代入。結果の一覧数をアプリAの「休日日数」に反映させる。】

といった処理を行う様にカスタマイズしようと試行錯誤しておりましたが、行き詰まりました。

JS自体初めて間もなく、記載したコードについてもエラーが多く不備が多いですが、

お力添え頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

(function() {
  'use strict';
  
kintone.events.on(['app.record.index.show','app.record.index.edit.submit'],function(event) {
     
     
     const apiURL = kintone.api.url('/k/v1/records');
     
     for (let i = 0, l = records.length; i < l; i++){
       
     var day1[i] = event.records[i]['日付1']['value'];
     
     var day2[i] = event.records[i]['日付2']['value'];
    
     var query[i] = '日付 >= "' + day1[i] + '" and 日付 <= "' + day2[i] + '"';
     
     var body[i] = {
       'app':1467,//アプリB
       'query':query[i],
       'totalCount':"true"
     };
   
    
    kintone.api(apiURL,'GET',body[i],
    
  function(resp[i]){
      
      const paramPut[i] = {
        'app': 1465 //アプリA
        'records':[
        'id':records[i].id.value,
        'record':{
        '休日日数':{
      'value':resp[i].totalcount
        }
        }
      }
      
    return kintone.api(kintone.api.url('/k/v1/records', true), 'PUT', paramPut[i]);
   
     };
      
  });
})();

kawa

やりたいことは、
「日付1と2の差分から営業日を求めたい」
ということでしょうか。
解釈に誤りがなければ、アプリ1つで可能です。
方針としては、
①日付1から日付2までループ処理
②指定した日付が営業日かどうか判定
③営業日ならカウント、そうでないならカウントしない
④日付2までカウントした値を累積営業日としてフィールドに格納
⑤日付1から日付2までの日数を求める
⑥⑤の値と累積営業日の差分を累積休日してフィールドに格納
となるかと思います。
指定した日付が営業日かどうかを判定する例があるので、参考にしてみてください。
kintoneカスタマイズで、holiday_jp-jsを使って営業日/休業日を判定する

例をうまく利用すれば、会社休日も反映できます。
参考になれば幸いです。

**TO**様

ご回答誠にありがとうございます。

頂いたアドバイスを基にこれから試行錯誤してみます。

少し時間が掛かりそうですが、また行き詰りましたらご相談させて頂ければと思います。

宜しくお願い致します。