関連レコード参照値がnullの一覧

kintone一覧画面で2個ある「関連レコードの参照」フィールドで「参照先が無いレコード」を絞り込みたい。

関連レコードAがnull値の場合
AND
関連レコードBがnull値の場合

この条件のリストを取得したい。
一覧画面の絞り込みでは、null以外なら出来るがnullでは出来ない。

最終的にはその条件を満たすレコードリストのcsvを取得したい。

基本機能で実現したいのでしょうか?
カスタマイズでやりたいのでしょうか??

基本機能で無理やり?やるなら、
「値がない」という状態をなにか決めておくとかいかがでしょうか:eyes:

例えば、文字列1行ならnullにするとか?

1 Like

ありがとうございます。

基本機能では無理な様ですので、何か妙案があればと思い投稿しました。

>「値がない」という状態をなにか決めておく

ちょっと意味が理解出来ませんでした。

現在、登録レコードが16000件以上あるアプリで、そこからそれぞれ別のアプリを参照している状態です。
その16000件のレコードで、それぞれの参照条件に共に該当しないレコードのリストを取得したい状況が生じました。
「値がない」状態を決めておくというのがどういう事を指しているのか、よくわかりませんでしたが、既に16000件あるレコードに新たな要素を設定するのは、不可能ではありませんが困難に思います。

1 Like

値がない場合について画像のようなイメージでした。

参照先のレコード

既に16000件あるレコードに新たな要素を設定するのは、不可能ではありませんが困難に思います。

この条件は知らなかったので、適切なアイデア出せませんでした。

4 Likes

既に大量のレコードがあるのであれば、一旦CSVで出力して、Excelで一覧を作成し、もう一度CSVでkintoneに取り込みするのが早道だと思います。(全レコードを1つ1つ更新するのは大変なので…。)
関連レコードがnullの場合を探すなら、「COUNTIF関数で0の場合文字列"null"を返す」ようにすれば、比較的簡単にできると思いますよ。

てか、最終的にリストのcsvを取得するのが目的なら、kintoneに取り込み直す必要も無いかもしれませんね。

関連レコード取得先のアプリで頻繁にレコードが追加・削除される
⇒昨日まで「null」だったものが今日は「1」になっている
または昨日まで「1」だったものが今日は「null」になっている
ようなケースだと、判定用フィールドの値も更新しなければならないため、毎回するのは大変かもしれません…。

2 Likes

いえいえ、こちらこそ説明不足でした。
これから レコードを登録していく&参照先が変動しない ケースでしたら、この様にフラグを登録しておく事で対応出来ますね。

ありがとうございました。

ありがとうございます。

参照元と参照先の両方をCSVで取り出して、別のプラットホーム(この場合はExcel)で比較すると言うのは確かに有りですね。

最後のケースに関しては、定期的に同じ作業をするしかないかと思います。

1 Like