iOS版ブラウザを使った一覧画面におけるスピンボタン

アプリの一覧上でレコードを変更モードにして数値を更新する運用を考えております。
その際、iPadを使うと一覧上で数値が入力し辛く難儀をしております。
PC版のブラウザですと、一覧上の数値項目の横にスピンボタン(項目の右隅に表示される上下の矢印ボタン)が表示されて、数値の増減をボタンで操作できるのですが、
iOS版の safari や chrome ではスピンボタンが表示されません。
iOS版ブラウザの仕様かとは思うのですが、できればカスタマイズビューなどを使い、一覧上で各レコードにボタンを設置して数値の増減ができるようにしたいのですが、可能でしょうか?
何か事例や実現方法がありましたら、ご教示願います。

tamakey さん

下記コードで一覧編集画面の数値項目にスピンボタンが表示されると思います。
Query,jQuery UI とjQuery UI の css も忘れずに指定してください。

https://js.cybozu.com/jquery/2.1.4/jquery.min.js
https://js.cybozu.com/jqueryui/1.11.4/jquery-ui.min.js

https://js.cybozu.com/jqueryui/1.11.4/themes/smoothness/jquery-ui.css

 

jQuery.noConflict();
(function($) {
"use strict";

kintone.events.on(["app.record.index.edit.show"], function(event) {
$('.gaia-ui-decimal-input-input input').spinner({ step:1 }).css('padding', '0px 20px 0 8px');
return event;
});

})(jQuery);

なお、通常のPCでは、2重にスピンボタンが表示されますので、元のスピンボタンをCSSで消します。

input[type=number]::-webkit-inner-spin-button,
input[type=number]::-webkit-outer-spin-button {
-webkit-appearance: none;
margin: 0;
}
input[type="number"] {
-moz-appearance:textfield;
}

iPad は持ってませんのでエミュレータで見るとスピンボタンは表示されました。
エミュレータ上はそんなに使い勝手はよくはなく、「無いよりはまし」程度でした。

カスタマイズビューであれば、好きに作れますので何とでも出来ますが、その分開発工数が必要です。

早速のご回答感謝です。
数値項目をドロップダウンに変更してして1から順に整数を設定しまくって、選択できるようにしました。

Ipadでもうまく選択できますし、プログラムで初期値を設定することもできました。

スピンボタンではありませんが、ユーザ要件は十分に満たせそうです。
何よりコードを書かなくてよかったのでこちらとしてもハッピーです。

お騒がせいたしました。