レコード詳細画面、編集画面のレイアウトについて

レコード追加画面では、アプリのフォーム設定で設定したレイアウトで表示されるのですが、レコード詳細画面と編集画面では、異なるレイアウトで表示されます。具体的には、フォーム設定で同じ行に並べたフィールドが改行されて表示されます。

これはそういうものなのでしょうか?

それとも何か設定不足などがあるのでしょうか?

 

基本的な質問ですみませんがよろしくお願いいたします。

レコード詳細画面と編集画面で、アプリのフォーム設定で設定したレイアウトで表示されるアプリと、そうでないアプリがあったので

スタイルの違いを見てみました。

<div class="layout-gaia showlayout-gaia" style="width: 914px; padding-right: 417px;">

_padding-right_が入ることで、フォーム設定で設定したレイアウトと異なる表示が行われることが分かりました。
この_padding-right_はどのような場合に挿入されるのでしょうか?

城子紀夫 さん

レコード詳細画面と編集画面に対して、CSSやJavaで独自にレイアウト設定を

していたら、画面ごとにレイアウト表示が違う場合があると思います。

一度、確認してみてはいかがでしょうか。

緑茶マニア様

コメントありがとうございます。

独自CSSや、JavaScriptでstyleを直接書き換えるような設定、プラグインは使用していないので、

何かの条件の場合にkintone側で_padding-rightを入れるようになっていると考えられます。_

フィールドの長さを変えてみたり、位置を入れ替えてみたりしているのですが、

特定のアプリだけpadding-rightが入ってしまいます。

まだ条件がわかっておりません。

 

城子紀夫 さん

詳細画面のDOM要素 padding-right: 417px は、コメント欄や変更履歴を表示する部分の大きさを

指定しているものみたいです。

コメント欄のアイコンをダブルクリックして畳んだり、「高度な設定」で非表示にすると

値が変わります。

詳細画面と編集画面のレイアウトが違う原因とは関係ないかもしれません。

緑茶マニア様

コメント欄や変更履歴を表示する部分を畳んだら、確かにレイアウト通りの表示になりました。

レイアウトが崩れないアプリはコメント欄や変更履歴を表示する部分を表示していてもフォーム設定どおりなので、

おそらく崩れるアプリは、そのようなフォームのレイアウトをどこかでしているということだと思われます。

コメント欄を畳めばレイアウト通りになるとわかったので、助かりました。

ありがとうございました。

城子紀夫 さん

解決されたようでよかったです。

DOM要素 padding-right: 417px はコメント欄の要素ではなくて、詳細画面の右側余白の要素というのが

正しいようです。コメント欄の表示/非表示でピクセルの値が変わるみたいです。

 

あとよろしければ、後学のため、レコード詳細画面と編集画面でレイアウトが変わっている画面キャプチャなど

を貼り付けていただければ、うれしいです。

緑茶マニア様

ごく一部しかお見せすることはできませんが、このような感じです。

新規追加画面

詳細画面

詳細画面(コメント欄を畳む)

編集画面

 

 

城子紀夫 さん

明けましておめでとうございます。

画面キャプチャ、ありがとうございます。

プロジェクト№ の設定あたりで何かあるかもしれませんね。

(自動採番プラグインとか利用してたり、JSで採番・入力不可にしてたりとか)