kintone コマンドラインツールプロキシー対応について

お世話になります。

表題の通り、コマンドラインツールをプロキシー対応させたいのですが

 

https://cybozudev.zendesk.com/hc/ja/community/posts/201300370-kintone-%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%BC%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

 

こちらの質問を拝見させていただき、ソースコードを追加することが必要なのは理解したのですが

・GitHubにあるソースコードのどのgoファイルに追加するのか?

・上記の質問のコードをただコピペするだけでよいのか?

など、分からない点が多くあるため、プロキシー対応させるための一連の流れをご教授していただきたいです。

よろしくお願いいたします

コンパイルし直す必要はなく、単にシステムに環境変数を追加するだけで大丈夫と思います。

Linux/Macでしたら、.bashrcとかに書くか、

$ export HTTP_PROXY=xxx.xxx.xxx.xx

を実行してからコマンドを実行すればいいですし、

Windowsでしたらシステムの詳細設定から環境変数が追加できるはずです。

 

詳細な手順です。(Windows8を想定)

1.コントロールパネル>システム>システムの詳細設定>環境変数

2.システム環境変数を新規追加

変数名:HTTP_PROXY

値:プロクシのIPアドレス

門屋 亮 様

ありがとうございます。

ご指示いただいた手順でコマンドラインツールからCSVアップロードが可能になりました。

事細かに教えていただき、ありがとうございました。