レコードごとにフィールド項目を変更することは可能でしょうか。

何を実現したいのかを書きましょう

毎月の週次と月次の集計を行っているのですが
毎月フィールド項目が変更になり非表示プラグインを使用して不要なものは
非表示にしております。
ただ、過去集計を見ると非表示に切り替えているため数値が見えなくなっている
状況です。
レコードごと(1レコード1か月分の集計内容で作成)にレコード内容のフィールド項目を変更することは可能でしょうか。

発生した問題やエラーメッセージを具体的に書きましょう

1月に必要なフィールド項目が2月には不要でしたので非表示にしたため
1月の数値確認ができない。

表示・非表示はカスタマイズ次第でやれますが、レコードごとにフィールドの項目の変更は現実的ではないですね(例えばあるフィールドを消すとそのフィールドに記載した過去のデータも消えることになる)

別のやり方を考えるほうがいいと思います。

プラグインをやめて、独自でJSカスタマイズで表示・非表示を柔軟にしたり、
集計のため、ということでしたら、たとえば集計のためのアプリを作成し、そこに必要なデータだけなげて集計をしたり、などですね。

あとは独自でグラフつくったりですかね?このような方法など…

@mura
ご返信ありがとうございます。

今回、集計方法で苦戦しているのが
集計パターンが3つあり
・全体
・グループ別
・個人別
上記パターンで毎週集計している形になります。
特に、個人別のところで個人各々が過去成績と今月分の成績を見比べたり
現在の成績をこまめに確認しているとのことで
先月には存在したフィールド項目が当月では非表示になっていることから
どうにかできなかと悩んでいるところでした。

先月には存在したフィールド項目が当月では非表示になっていることから
どうにかできなかと悩んでいるところでした。

ということであれば、やはり月ごとにデータをスライスした状態でもってるのがいいとおもうので、
集計用のアプリがあってもいいかもしれませんね。

@mura

ご返信ありがとうございます。
既に集計用のアプリは存在するのですが、
集計用のアプリを非表示や表示フィールドに変更しているため
閲覧用のアプリを作成し毎週読み込みで格納しているのですが
月ごとで表示されない項目が出てしまいこちらでご相談させて頂いている形になります。

なるほど。
集計はその集計アプリの1レコードに入ってる認識でいいですかね?
その場合、質問にあるためレコードごとに表示・非表示が必要になる、という理解ですが
レコード自体に表示・非表示をするための定義を表現し、独自のJSカスタマイズでやるのはどうか、とはおもいます。

1 Like

@mura
ありがとうございます。
集計アプリの1レコード2024年1月第一週目のレコードになっています。
すでに、こちらでは非表示プラグインを使用しております。
非表示プラグインを使用してしまってるため
前月の該当フィールドも非表示になってしまっています。

プラグインを組んでいな閲覧アプリも作成したのですが
月ごとに合わせた非表示・表示の仕方がわからない状態で。

独自のJSカスタマイズは難しいでしょうか。
やったことがないため・・・。

独自のJSカスタマイズは難しいでしょうか。
やったことがないため・・・。

やったことがない状態、であれば一定、学習するコストは掛かるとは思います!が、覚えていけば困りごとをなくせる、といういみでは、自身におけるリターンとの兼ね合いで考えてもいいかもしれませんね。ながらく今あるkintoneを面倒みるなら損はなさそう、などいろんな判断軸はあるかとはおもいます。kintoneの開発ができるベンダ・プログラマに頼むということもできるとは思いますし。

始めようJavaScript等コンテンツはありますので、やれないことはないとはおもいます。

1 Like