一覧画面と詳細画面からのkintone→googleスプレットシート更新

以下の記事を参考にしながら、googleスプレット連携実装したいと思っています。

記事内のサンプルコードでは詳細画面からの更新のみですが、一覧画面に「ログインボタン」「ログアウト」「一括更新」ボタンを置いて、「一括更新」の場合は全てのレコードをgoogleスプレッドへ更新。詳細画面には一切ボタンは配置せず、保存ボタン押下時にgoogleスプレッドの該当行を更新したいです。

このような仕様の場合、画面遷移後もログイン情報を保持している必要があると思うのですがどのように実装すればいいのか分かりません。
googleログインはライブラリ変更があったため、以前のライブラリではgoogleAuth.isSignedIn.get()など認証状態を取得するインタフェースが存在していたようですが、新ライブラリでも同じような判定が可能なのでしょうか。

宜しくお願い致します。

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/115005283123-kintone-%E8%A6%8B%E7%A9%8D%E6%9B%B8%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%8B%E3%82%89Google%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7%E5%B8%B3%E7%A5%A8%E5%87%BA%E5%8A%9B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%86-

こんにちは!

gapi.client.getToken();したものをsessionStorage(とか)に保存して、
画面表示イベントで保存しておいたトークンをJSON.parseしてgapi.client.setToken(保存していたトークン);したら
ログイン処理を挟まずとも出力できたので、タイミングとかいい感じにすると良いかもしれません。
コレがベストかどうかは分かりませんが^^;
↑雑な説明でスミマセン。

公式記事もあくまでサンプルですし、Googleの認証関係になるとkintoneの範囲超えちゃうので、そのあたりは
https://developers.google.com/identity/oauth2/web/guides/overview
このあたりなどを読んだり試したり詳しい人にアタックするなりして手探りでやらなきゃかもですね^^;

ありがとうございます!
想定どおりに動作しました。

googleのマイグレーション用のドキュメントを中心に読んでいたのですが、
session部分については
「You are responsible for managing sign-in state and user sessions to your web app.」
とそっけなく。
トークンをsessionStrageに保存するところまでは到達していたのですが
そのトークンをgapiに再度設定してやる方法が分からず、右往左往してしまいました。
勘所悪かったです。

大変助かりました。感謝です。

 

お役に立てたみたいで、良かったです!

実は私も最近ちょうど同じところでハマっていました。
同じく、
「You are responsible for managing sign-in state and user sessions to your web app.」
の部分でsesstions…、sessionStorage?と思ってゴチャゴチャやっていたら「なんか、できた」という感じだったのですが、
共有できて良かったです^^